阿寒オンネトー湯の滝『微生物によるマンガン酸化物生成地』天然記念物 外来種熱帯魚根絶
2019.06.22
阿寒オンネトー湯の滝、外来種熱帯魚根絶
阿寒「オンネトー湯の滝」は阿寒オンネトーの四季へ移行しました。オンネトー湯の滝、外来種熱帯魚根絶の詳しい情報は阿寒オンネトーの四季をご覧下さい。
オンネトー関連記事は右のカテゴリ湖-「阿寒オンネトー」別名5色沼をご覧下さい。
北海道のホテル・温泉宿予約
国内航空券 東京(羽田) → 女満別・釧路・とかち帯広・旭川・函館・札幌(新千歳)
今では懐かしい知床半島「カムイワッカ湯の滝」お目当ての湯壷の滝
2019.06.21
今では懐かしい知床半島「カムイワッカ湯の滝」お目当ての湯壷の滝
2003年6月7日に登った知床の「カムイワッカ湯の滝」です。「世界自然遺産知床」登録前に登りました。前回の続きです。今では見ることも入浴することもできなくなった幻の「カムイワッカ湯の滝」のお目当ての湯壷です。管理者も入浴しましたが酸が強い為、目が痛かったです。前日、知床五湖に近い岩尾別にある「ホテル地の涯」に泊まり、北見市へ帰る途中に登って入浴しました。今では懐かしい「カムイワッカ湯の滝」になってしましました。知床の詳しい情報は知床斜里町観光協会をご覧下さい。次回、海から見たカムイワッカの滝を掲載します。
北海道のホテル・温泉宿予約
国内航空券 東京(羽田) → 女満別・釧路・とかち帯広・旭川・函館・札幌(新千歳)

今では懐かしい知床半島「カムイワッカ湯の滝」危険な滝
2019.06.21
今では懐かしい知床半島「カムイワッカ湯の滝」危険な滝
2003年6月7日に登った知床の「カムイワッカ湯の滝」です。「世界自然遺産知床」登録前に登りました。今では落石の危険がある為ここへは登れません。写真は「二の滝」だと思います。管理者、当時登って撮りましたがここは本当に危険でした。写真に写る女性2人も恐ろしかったと思います。現在では「一の滝」までしか行けないそうです。今年は、知床カムイワッカ公園線が5月31日より開通したので車で行かれて見て下さい。但し砂利道です。夏は旅行者が増えるのでシャトルバスでしか行けません。秋にはまた車で行けるようになります。滝に名前が付いていたのは知りませんでした。
北海道のホテル・温泉宿予約
国内航空券 東京(羽田) → 女満別・釧路・とかち帯広・旭川・函館・札幌(新千歳)

丹頂鶴の親子 佐呂間町浜佐呂間
2019.06.20
丹頂鶴の親子 佐呂間町浜佐呂間
仕事で、佐呂間町から浜佐呂間経由で北見市常呂町へ向かう際、サロマ湖に面した浜佐呂間で「丹頂鶴の親子」が道路のど真ん中に!???。詳しい情報は「サロマ湖の四季」へ移行しましたのでご覧下さい。
ソニーストア
国内航空券 東京(羽田) → 女満別・釧路・とかち帯広・旭川・函館・札幌(新千歳)

オホーツク海「放し飼いホタテ」
2019.06.20

管理者、北見市常呂町漁業協同組合直売所で仕事の帰りに「活きた貝付きのホタテ」を時々買います。貝を開けて刺身にしたり、焼いても食べます。オホーツク海で「放し飼い」されていたホタテは泳いでいるので貝柱がしっかりしています。泳ぐといっても天敵のヒトデから身を守るために貝を開閉することによって水流を発生させ貝を動かします。オホーツク海沿いのホタテは「放し飼い」され養殖されています。ちょっとアフィリエイトを導入してみました。写真は、紋別産のホタテで「さとふる」です。良かったら買って食べて見てください。ホタテ漁は大体12月中位までです。ホタテ漁を写真付で以前ページを作りました。こちらもご覧下さい。

- CafeLog -