オホーツク海と能取湖が望める麦畑 北見市常呂町
2019.06.01

5月30日に撮影した北見市常呂町の麦畑です。場所は常呂100年記念塔の近くです。管理者ここ初めて通りましたが、こんな良い場所があるとは全然知りませんでした。農道の枝道は先ず通ることはありません。けど、これでまた良いポイントを見つけました。左に突き出しているのが網走能取岬です。その奥が知床連山。右側が網走能取湖です。オホーツク海と網走能取湖が同時に望める場所です。オホーツク地域でも畑作地帯からオホーツク海が望めるポイントは北見市常呂町だけかも知れません。あまり他の町では見たことが無いような?春や秋には、大きなトラクターが畑の土を起こし、バックにオホーツク海は結構になります。撮れば良かった・・・。この麦が北海道限定サッポロビールになるかはもう少し成長しないと分かりませんが・・・。秋、北海道産サッポロビール北海道産カルビーポテトチップスがナマラ美味いんだよな~。そんでもってオホーツク産の秋味(鮭)のチャンチャン焼き。もう最高!!
ちなみに、美瑛の丘や富良野には負けねエぞ?!やっぱり敵わないナ!!もっといい写真撮らないとナ~。今年の夏は美瑛の丘で写真撮りまくり?修行して来ます・・・
ご旅行の際、常呂カーリングホール常呂神社もお忘れなく!

牧草ロール 北見市常呂町
2019.05.30

昨年8月に撮影した、北見市常呂町の「牧草ロール」です。麦が刈り取られた後、このようにロール状に巻かれ、家畜の寝床に敷かれます。麦畑はこのようにオホーツク地域では良く見られます。麦が刈り取られる期間は7月下旬頃から8月中旬頃です。
前回の女満別メルヘンの丘ですが、昨日雨だったので写真は撮りませんでしたが、見てきたら左側は土、右側は麦畑でした。土の部分はジャガイモだと思います。これから芽が出て白い花を咲かすと思います。もしくは、畑の肥料用の小さなヒマワリを植えるかも知れません。また、写真撮ってきます。
メルヘンの丘 麦畑 大空町女満別
2019.05.26

昨年8月上旬、国道39号線沿いビューポイントパーキング女満別にある「メルヘンの丘」の麦畑です。今年はまだ確認していないので何を植えたのか写真を撮ってきます。農家さんの畑は毎年作物が変わります。麦の年の場合このように見られます。右の緑色はジャガイモ畑です。麦には大まかに分けて2種類あるそうです。写真の先端の毛の長い麦はビール用の麦でサッポロビールが農家と契約栽培し北海道限定サッポロビールが飲めます。スーパーでよく売られています。管理者、北海道の麦を使ったサッポロビールしか飲みません。当然ですが地産地消。もう1種類の麦はパンや冷麦、素麺、ラーメンなどの食用に栽培されています。こちらも当然地産地消。毛は短く、背も低く、実が大きいのが特徴です。いずれも北見市農業試験場が長年研究を重ねてできた品種です。管理者の町、北見市端野町の丘になった畑でもよくこの2種類の麦畑が見られます。JAのHPを見ると、麦の栽培は北海道でもオホーツク地域の網走が一番多いそうです。ここ7,8年ほど前からでしょうか?北海道産小麦100%使用のうどん、パン、ラーメン、冷麦、素麺など値段も高くなく売られています。普通にスーパーで売っています。本州で売られているかは分かりませんが、もし売っていない場合お土産に1つ北海道産小麦100%使用の製品を買って行ってはいかがですか?もらった人喜ぶかも?魚介や野菜の他に麦製品もプラスして見て下さい。なんせ北海道は食料自給率160%?180%?なので・・・。日本の食料自給率、何としてでも上げないとネ!ちなみに麦畑、曇り空でした・・・。夏の旅行の参考に!


ジャガイモ畑、白い花 北見市常呂町
2019.05.25

昨年7月上旬、北見市常呂町で撮影したジャガイモ畑です。ジャガイモは白い花を咲かせます。品種によってはピンク色の花も咲かせます。白い花は男爵イモ、ピンクの花はメークイーンだったような?間違っていたらゴメンなさい。その他にキタアカリやレッドムーン、トウヤなど様々な品種の芋が栽培されています。広大な農地で栽培されるので見応えありますよ。昨年の7月、川湯温泉味楽寿司さんに用事があったので店で寿司を食べてたら、名古屋のお客さんが「畑一面に咲いている白い花は何の花ですか?ピンク色は何の花ですか?」と聞かれたのを思い出して書きました。ジャガイモの満開の花もいい景色になると思いますヨ。
今年の7月も川湯温泉に泊まり、味楽寿司さんで食べます。管理者、年に一度の楽しみなんです。
ジャガイモは北海道全域で栽培されています。カルビーのポテトチップスも多くの農家さんと契約栽培しています。だから北海道産のカルビーポテトチップス美味いショッ?!
ちなみに、カルビーポテトチップス発祥の地はオホーツク地域の小清水町だそうです。カルビーと農家、農協(JA)が苦労の末、ポテトチップスの商品化に成功。管理者知らなかった~。昨年の秋、北海道限定販売していたポテトチップスのパッケージに書いてありました。全国の皆さん、心して食べてネ!
夏の旅行の参考に!

- CafeLog -