夜明け前の屈斜路湖(美幌峠)平成
2019.04.30

今日で「平成」の時代、平成31年4月30日をもって終わりです。平成の天皇、お勤めご苦労様でした。明日5月1日から新年号「令和」です。世界で唯一、年号のある日本国。日本人に産まれて良かった~。昭和の天皇は戦前戦中戦後、大変だったろうな~。
新年号を祝い「年越しそば」ならぬ「年号越しそば」でも食べるかな?
美幌峠の屈斜路湖も大好きですが、阿寒のオンネトーも大好きです。摩周湖の水が沸く清里町の神の子池も大好きですが、我町北見市からだとちょっと遠いかな?。明日、屈斜路湖にも新年号「令和」の日が昇ります。
5月連休 運が来る水「来運神社」 斜里町
2019.04.30

2008年の5月連休、斜里岳の麓に湧く「来運神社」のある泉です。神社はこの上を登ります。今から11年前ですが、今でも斜里町へ行った際時々水汲みに寄りますが何ら変わりません。周辺にはエゾヤマサクラが咲き、のどかな場所です。手前右が蝦夷山桜です。この他にも「桜の滝」や摩周湖の水が沸く「神の子池」「裏摩周展望台」にも寄りました。
真ん中に映る女性の服とエゾヤマザクラが同じ「桜色」をしています・・・。
ちなみに、「来運の水」は常温で保存しても約1年間は腐敗しない摩訶不思議な水。おそらく相当純度が高いと思います。遠くは中標津町や別海町から水を汲みに来ている人がいました。来運神社の「来運の水」は知る人ぞ知る場所です。運が来るかも?「来運の水」は斜里町側になります。

サクラマスが上る「桜の滝」 清里町
2019.04.30

この写真は、桜鱒が遡上するので「桜の滝」と言われています。サクラマスは7月から8月に遡上します。サクラマスは、渓流のヤマメが海に下り成長し、産卵のために川にもどってくるサケ科の魚です。滝をジャンプする場所は世界的にも珍しいそうです。詳しくは、清里町観光協会をご覧ください。
2017年8月に阿寒摩周国立公園に編入された「神の子池」、神の子池から程近い「裏摩周展望台」は清里町側になります。

5月連休 裏摩周展望台 清里町
2019.04.30
5月連休 裏摩周展望台 清里町
写真は「裏摩周展望台」です。弟子屈町側の第一・第三展望台の反対側にあたる、清里町側にある裏摩周展望台。近くには、摩周湖の水が沸く「神の子池」があります。

2019.04.30 06:10 | 固定リンク | 展望台-裏摩周

- CafeLog -