オホーツクの四季
仕事がてらのオホーツク観光情報
2018年2月 冬 流氷

2018年2月 冬 流氷
2018/2/25  常呂カーリング女子「LS北見」銅メダルおめでとうございます。そう云えば、常呂町を舞台にした映画、カーリング女子の「シムソンズ」を思い出しました。ソルトレークオリンピックに出場し実在した常呂のカーリング女子の映画です。オホーツク海に面した常呂町から挑んだ4人の少女たちの実話に基づく青春ストーリーになっています。製作は2006年。「シムソンズ」はYahooGYAOでご覧下さい。常呂町やサロマ湖が舞台になっています。主演:加藤ローサ、大泉洋も出ています。私が仕事で見る風景があっちこっちに映っています。配信は2018年3月8日まで。
2018/2/24  韓国ピョンチャンオリンピック。我町北見市常呂カーリング女子「LS北見」銅メダルやったぜ~。先駆者、故小栗さんも喜んでいるぜー。北見市の銘菓、清月の「赤いサイロ」当分買えそうにありませ~ん
2018/2/18  我町北見市の朝の気温はマイナス16℃~23℃。ここ3週間ほど続いています。寒すぎて参ります。灯油高いのに・・・。北見市常呂町出身のカーリングチーム、LS北見(ロコソラーレ北見)がピョンチャンオリンピックで頑張っていますよネ~。金メダル手にして帰って来てくれればなお嬉しいですネ~。今年はこれでカーリングブーム再到来?北見市常呂町のカーリング場はお客さんでごった返すかも?冬は寒いので夏のサロマ湖、ワッカ原生花園など観光の際、カーリング体験してみてはいかがですか?
 先日も常呂町行って来たのですが、遥か沖まで流氷が平原となって見られました。私、週2回仕事で常呂町へ行くのですが今年の流氷はちょっと違うかも?体外、流氷が離れて開放面(海面)が見えるのですが今年はほとんど見ることができません。今月上旬に接岸して以来、流氷はほとんど動いていないような気がします。しかも流氷は厚みを増し、更に岸に押し寄せ盛り上がってきているような気がします。寒い日が続いている事もありますが、陸風が吹く日が少ないかも知れません。もしかしたら流氷山脈が見られるかも知れません今年は流氷観光には良い年かも・・・。ただ心配事は私の大好きなホタテです。海明け(流氷が解けて無くなる)が遅れると、ホタテ漁も遅れるからです。と言う事はホタテが食べられるようになるのも遅くなるからです・・・
2018/2/6  昨日、サロマ湖から北見市常呂町へ行って来ましたが流氷が接岸し、常呂町の海岸線を埋め尽くしていました。流氷の写真はオホーツクドットコムでアップしましたのでご覧下さい。2月4日(日)に斜里町へ行って来ましたが、網走の海岸線にある鱒浦漁港JR北浜駅にも流氷が接岸していました。本格的に流氷観光到来です。やはり外国人旅行者が増えたな~と思います。雪でよく遊んでいるのを見かけました。北海道人やりませんからネ。けど特に女性が多いな~と見受けました。なぜだ?たまたまか?
2018/2/2  我町北見市の朝の気温はマイナス23℃。ここ数日続いています。寒すぎる。昨日北見市常呂町へ行ってきたんですが、流氷が着ていました。だから寒いんだよね。ここ数日で接岸すると思うます。ナマラ寒い・・・

常呂町に実在した女子高生カーリング映画『シムソンズ』
2006年製作
オール常呂町ロケ。映画撮影時の旧常呂カーリングホールやサロマ湖、サロマ湖展望台、佐呂間町キムアネップ岬、北見駅、旧国鉄湧網線常呂駅(現バスターミナル)の広場、丘陵地帯、秋の常呂町の田園風景、オホーツク海沿いの畑作地帯などが映し出されています。
映画の撮影に使われた喫茶店『カフェしゃべりたい』はこちら!
動画:シネマトゥデイ
LS北見「ロコ・ソラーレ北見」オフィシャルサイト
オホーツクの四季バックナンバー
・2018年春(4月5月6月
・2018年冬(1月2月3月
・2017年秋(10月11月12月
・2017年夏(7月8月9月
・2017年春(4月5月6月
・2017年冬(1月2月3月
・2016年秋(10月11月12月
・2016年夏(7月8月9月
・2016年春(4月5月6月
・2016年冬(1月2月3月
・2015年秋(10月11月12月
・2015年夏(7月8月9月
・2015年春(6月
・2015年冬(3月
・2014年冬(1月2月、3月)
・2013年秋(10月11月12月
・2013年夏(7月8月9月
・2013年春(4月5月6月
・2013年冬(1月2月3月
Top

2017年8月8日。阿寒国立公園から阿寒摩周国立公園に名称が変更され、
同時に神の子池の四季が編入されました。ご旅行の際、以下のサイトを参考にして見て下さい。
神の子池の四季 阿寒オンネトーの四季 阿寒湖の四季 摩周屈斜路湖の四季
硫黄山の麓「川湯温泉」 秘境知床の四季 サロマ湖の四季 オホーツクドットコム

(C) Copyright 2000-2017 ohotuku-mail.com .All rights reserved.
写真撮影、制作、著作、運営管理 オホーツクの四季