オホーツクの四季 2016年1月 冬

2016年1月 冬
2016/1/22  火・水・木曜日と吹雪で参りました。火曜日は常呂町へ仕事で行ったんですが、北見-常呂線が通行止めになったので緊急車両用の道路を通り無事北見に戻ることができました。北見市常呂町は漁業の町でもありますが畑作地帯(玉ねぎ、麦、ビート)が広がっており道路は何も遮る建物が無いため地吹雪でホワイトアウトになり何も見えない状態になるのであとは長年の感で走るしかありません。下手に車を止めると後ろから追突される可能性があるため、ここは非常に慎重になります。前方の車も同じことになります。まっ、それでもこの吹雪のおかげで流氷が今日にも接岸するとの予測。流氷は吹雪かないとなかなか接岸しずらいので・・・。流氷観光シーズン到来。北海道人、命懸けの流氷観光。ぜひお越しよ。
2016/1/15  昨日仕事でサロマ湖を通りました。まだ湖は全面結氷をしていませんでした。それでもカキ漁は盛んで常呂の漁組の直売所では剥きカキが安く売られてました。ちょっと発見したんですがサロマ湖産のしじみを冷凍で売っていたのには驚きました。去年までは無かったかと思います。シジミは活より冷凍した方が栄養価が増しますので酒飲みの私には肝臓に良いかも?漁組の直売所も昨年暮れにリニューアルオープンしたので綺麗な売店です。ちなみに網走湖産のしじみより若干大きいかも?帰りに網走の能取湖を通ったんですがワカサギ釣りで釣り人で賑わってました。サロマ湖、能取湖、網走湖と私、良い所に住んでいるな~と実感!
2016/1/10  今年は雪がほとんど降りません。その代り寒い日が続いています。おそらく今年は流氷が早いかも知れません。あくまでも長年のカンですよ。仕事でよく北見市常呂町へ行きますが私が一番好きな流氷ビューポイントはホタテの貝の堆積場から見えるオホーツク海に突き出した網走の能取岬です。眼下に流氷で埋め尽くされたオホーツク海が見え彼方に見える能取岬は物凄く雄大です。あと常呂町の丘にある畑作地帯からも見える流氷と能取岬です。おそらく畑作地帯から見える流氷と能取岬は網走管内では常呂町しかありません。標識はありませんが流氷が接岸した際は写真を撮って場所をお教えいたしますヨ。
2016/1/1  早速ですが、明けましておめでとうございます。昨年書いたように大晦日はサロマ湖産のカキそばを食べました。なかなか美味しかったです。年明け早々今日は網走湖産のシジミそばを食べました。なかなか美味しかったです。大晦日はけっこう遅くまで飲んでいたのでシジミは肝臓に良く効きます?けどなんとなくスッキリしたような気がします。今年も仕事がてらの旅行・グルメ・オホーツクの四季折々を書いていきたいと思います。そしてあのバカタレを改心させます。
バックナンバー
・2017年秋(10月
・2017年夏(7月8月9月
・2017年春(4月5月6月
・2017年冬(1月2月3月
・2016年秋(10月11月12月
・2016年夏(7月8月9月
・2016年春(4月5月6月
・2016年冬(1月2月3月
・2015年秋(10月11月12月
・2015年夏(7月8月9月
・2015年春(6月
・2015年冬(3月
・2014年冬(1月2月、3月)
・2013年秋(10月11月12月
・2013年夏(7月8月9月
・2013年春(4月5月6月
・2013年冬(1月2月3月
Top

(C) Copyright 2000-2017 ohotuku.com .All rights reserved.
写真撮影、制作、著作、運営管理 オホーツクの四季