オホーツクの四季 2015年9月 夏

2015年9月 夏
2015/9/29  先日、北見市留辺蘂町温根湯温泉にある「北の大地の水族館(山の水族館)」からファックスが届きました。期間限定の鮭の展示を開始したそうです。もしかしたら水槽内で鮭の産卵が見られるかも知れませんヨ。是非行って見て下さい。
2015/9/17  昨日、大空町女満別へ行った際昼飯を食べに朝日が丘展望台へ行きました。するとヒマワリが畑一面に満開に咲いていました。ここは毎年夏から秋にかけヒマワリを咲かせています。駐車場で弁当を食べているとレンタカーが次から次へと計7台ほど訪れて来ました。また近くに、故黒澤明監督の映画撮影ロケ地があります。行って見て下さい。
2015/9/10  今日津別町へ仕事で行った際、津別の自然公園の森の中で昼飯を食べていたら川の上をカワセミが飛んでいてびっくりしました。なんと綺麗な青い鳥なんだろう。林の中ではエゾリスが走っていたりと自然豊かな公園です。やはり北海道は新婚旅行者が多いですネ
2015/9/9  先日書けなかったんですが、昨日仕事で北見市常呂町へ行ったのでサロマ湖を通りワッカ原生花園を見て、帰りに網走市の能取湖の卯原内によりサンゴ草を見てきました。真っ赤な絨毯が広大に広がっていました。やっぱり綺麗だね~。サンゴ草の砂漠化も無くなり元の自然に戻っていました。サンゴ草が見られる場所は、卯原内の他に佐呂間町浜佐呂間のキムアネップ岬、湧別町のサンゴ群生地の三箇所です。いずれもサロマ湖内の湿地帯で見られます。写真は撮っていないのでこちらでご覧下さい!サンゴ草は10月上旬まで見頃で、その後は紅葉が始まります。9月末には大雪山に雪が降り、寒くなった頃に現れる「雪虫」がフワフワと飛び交い、これで1年の最後の昆虫となります。そして霜が降ります。
2015/9/4  今日、仕事で北見市常呂町へ行くのでサロマ湖を見て帰りに網走の卯原内によりサンゴ草を見てこようと思います。先日ニュースで放送していたので・・・。そういえば、サンゴ草の砂漠化は直って元の自然に戻ったのかも次回書きたいと思います。乞うご期待!2002年9月11日に撮影したサンゴ草はこちら!
2015/9/1  昨日、仕事で北見市常呂町の帰りにちょっと足を伸ばし佐呂間町浜佐呂間にあるサロマ湖のキムアネップ岬に寄ってきました。ここはキャンプ場で賑わう場所ですが、車は1台しかいませんでした。そろそろ夏の観光シーズンも終わりかな?網走市卯原内にある秋の有名な観光名所のサンゴ草ほどではないですが、キムアネップ岬でもサンゴ草を見ることができます。さすがに秋にはまだ早いせいかサンゴ草はそれほど赤く色づいていませんでした。ここは駐車場とトイレがあるので安心して観光できると思います。ここへは若い頃から何度も訪れていますが、サロマ湖とサンゴ草が一緒に見られる場所はここだけです。例年だとサンゴ草は9月中旬から10月上旬ころが見ごろなので旅行の際は訪れて見て下さい。夕日の沈むサロマ湖に真っ赤に染まるサンゴ草はとても見ごたえがあると思いますヨ。
バックナンバー
・2017年秋(10月
・2017年夏(7月8月9月
・2017年春(4月5月6月
・2017年冬(1月2月3月
・2016年秋(10月11月12月
・2016年夏(7月8月9月
・2016年春(4月5月6月
・2016年冬(1月2月3月
・2015年秋(10月11月12月
・2015年夏(7月8月9月
・2015年春(6月
・2015年冬(3月
・2014年冬(1月2月、3月)
・2013年秋(10月11月12月
・2013年夏(7月8月9月
・2013年春(4月5月6月
・2013年冬(1月2月3月
Top

(C) Copyright 2000-2017 ohotuku.com .All rights reserved.
写真撮影、制作、著作、運営管理 オホーツクの四季