オホーツクの四季 2013年11月 秋

2013年11月 秋
2013/11/28  「旭山動物園のカバ館は世界初!」
 先日も書きましたが 昨夜北海道のNHKが放送をしていましたが、何と旭山動物園のカバ館は世界初だそうです。通常のカバの水槽は水深1mぐらいだそうですが、旭山動物園のカバ館の水槽は深いところで水深3mだそうです。坂東園長によると「もしかしたら溺れるかも知れない」という「その時は職員総出で助ける」と言って作ったのが世界初のカバが泳ぐ水槽。カバの名はモモ吉。体重3トン。映像も流れていましたが、初めて水深3mの水槽に入った時若干溺れ気味なりましたがすぐに体制を整え、水槽の底に足をつけ、勢いよく蹴り出し水面へスーと浮上していきました。その後は慣れ、水深3mの水槽を足を蹴りながら泳ぎ回っていました。いやー世界初のカバ館。見に行きたなー。カバめんこい。これでまたまた、旭山動物園は旅行者が増えるなー。旭山動物園HP
2013/11/20  「旭山動物園、カバ館、キリン館オープン」
 我町北見市から車で約3時間。北海道旭川市にある旭山動物園にカバ館とキリン館がオープンします。先ほどテレビを見ていたら、なんとカバが水中を泳ぎ回り、その水槽は下からも横からも見られるのです。カバってこんなに活発に泳ぐのを初めて見ました。名物になったペンギン館やアザラシ館と同様にカバが泳いでいました。キリンは園内を走り回っていました。さすが旭山動物園の行動展示。坂東園長、及び職員の発想力には脱帽ですね。全国の皆さん。北海道旅行がてら旭山動物園でカバとキリン等見てね。我町北見市は川魚の行動展示山の水族館も見に来てね。
2013/11/15  「北海道初雪の季節」
 北海道だけに生息する雪虫の飛来が終わると雪が降ります。先日、北海道では雪が降りました。11月に降る雪は北海道の日本海側から始まりオホーツク海側や太平洋側は12月初旬、中旬に降り始まります。この時期は日本海側の札幌や小樽、函館、稚内、留萌が先に雪が降ります。この時期は中途半端な時期で路面が一番滑りやすいので車の運転には気を付けて下さい。私もそうですが北海道人はこの時期はもの凄く慎重になりスピードダウンをして運転します。特に峠越えは慎重になります。上りは良いのですが、下りはエンジンブレーキをかけながら峠を降ります。急ブレーキは絶対に禁物です。本州の旅行者で慣れない車の運転をされる方は参考にしてみて下さい。もし事故をお越し外で作業する場合も出てきます。この時期の気温はマイナスなので男性用のジャケット女性用のジャケットを着て作業をして下さい。
2013/11/11  「クジラ対シャチ」
 今月の1日の新聞によると太平洋釧路沖約30kmの海域で大型のナガスクジラとシャチの群れ7頭が現れ、シャチ達が鯨を襲う写真が載っていました。鯨は尾びれでシャチを叩いたり、シャチを追い掛け回し逆襲し約2時間でシャチの群れは逃げて行ったそうです。夏のオホーツク海の網走沖や知床半島沖では鯨やシャチはよく見られますが、秋の太平洋沖でも見られるとは・・・。この時期は餌のサンマやイワシを追いかけてくるので春と秋には見られるそうです。鯨類は地球規模で回遊するので釧路沖は重要なコースなんだそうです。
2013/11/4  「NHK杯カーリング大会」
 先日リニューアルオープンした北見市常呂町カーリングホールで、今ロコソラーレ北見と青森グレースがカーリング試合をしています。あーまた新たに北見の観光名所?が。昨年の山の水族館に続き・・・。ロコソラーレ北見は実家が常呂町ですが青森は鶴雅リゾートサロマ湖か?いーなー。全国の皆さん。カーリング場で試合を見て、そしてサロマ湖で観光していって下さいネ。北見市常呂町はホタテが日本一の漁獲高。常呂町名産のホタテ牡蠣レストハウスところで食べてね。ここ一番美味しいよ。
2013/11/3  「知床岩尾別に小熊2頭発見」
 11月1日、今年2回目の知床へ行ってきました。実はお世話になっている、ホテル地の涯さんに用事があり行ってきた次第です。皆さんも宿泊した方もいると思いますが。子グマを2頭見たのは、岩尾別川の沿い木の上で遊んでいました。ここは道路も細く、車とすれ違うのに一苦労の場所です。車が4,5台いて皆カメラ片手に写真を撮ったり、ビデオを回していました。私も路肩に車を止め、降りて熊を探していたら、木の上にいた子熊をすぐに見つけました。隣にいたおばさんが「私見つけられないの」というので「あの黄色い葉の木の上ですよ」と教えてあげ、おばさんも見つけることができ喜んでいました。この時期は鮭が上るため、岩尾別地区は熊をよく見られます。先月も熊を見たばっかりです。ホテル地の涯さんの今季の営業は11月4日で終了ですが、雪が降るまでは知床五湖へも行けますし、フレペの滝も見に行けます。この時期、岩尾別地区へ来ると熊が見られるかも知れませんよ(#^.^#)。その際は、近づかず餌やりは決してしないで下さいネ。
バックナンバー
・2017年秋(10月
・2017年夏(7月8月9月
・2017年春(4月5月6月
・2017年冬(1月2月3月
・2016年秋(10月11月12月
・2016年夏(7月8月9月
・2016年春(4月5月6月
・2016年冬(1月2月3月
・2015年秋(10月11月12月
・2015年夏(7月8月9月
・2015年春(6月
・2015年冬(3月
・2014年冬(1月2月、3月)
・2013年秋(10月11月12月
・2013年夏(7月8月9月
・2013年春(4月5月6月
・2013年冬(1月2月3月
Top

(C) Copyright 2000-2017 ohotuku.com .All rights reserved.
写真撮影、制作、著作、運営管理 オホーツクの四季