サロマ湖ワッカ原生花園 北見市常呂町
2019.05.24

2010年6月に撮影したワッカ原生花園のハマナスです。ワッカ原生花園は日本一の海岸草原。砂嘴にはエゾカンゾウ、エゾスカシユリなど約300種の花が咲きます。ワッカネイチャーセンターの売店では、2018年、冬季オリンピック銅メダル獲得のカーリング女子北見市出身の「ロコ・ソラーレ」旧LS北見のパッケージになったお土産用のお菓子を売っていましたが、昨年末で販売が終了してしまいました。常呂町観光協会が企画しその売上の一部を「ロコ・ソラーレ」の選手活動の運営資金に寄付していましたが・・・。「ロコ・ソラーレ」の肖像権や著作権などを管理する会社の方へ。もう少し地元に考慮してもられたら有難いんですがネ~。「そだねー!」の商標権は北見工業大学が取得しています。ワッカ原生花園から離れてしまいました・・・。これから旅行者が増えるワッカ原生花園。常呂カーリングホール常呂神社にも起こし下さい。
夏の旅行の参考に!

タンポポ 網走能取岬
2019.05.23

2009年5月27日に撮影した、網走能取岬に咲くタンポポです。一面に咲いていました。今から10年前ですが・・・。2,3年前に、灯台の改修工事が行われる地元記事を読みましたが極端に周辺観光は変わらないと思います。オホーツク海に突き出した岬は、流氷の来る季節は更に絵になります。かなりシバレますが。流氷接岸時の網走能取岬は「オホーツクドットコム」のヘッダータイトルにも使っていますのでご覧下さい。

2019.05.23 06:10 | 固定リンク | 岬-網走能取岬
味楽寿司 硫黄山の麓「川湯温泉」
2019.05.22

今後、グルメ情報も書いて行こうと思います。
6月8日、北見市から車で約1時間30分。美幌峠、屈斜路湖経由で川湯温泉に1泊し、味楽寿司さんで寿司を食べてこようと思います。ここ毎年、川湯温泉に泊まってます。管理者、味楽寿司さんとは20年来のお付き合いです。
2年前、味楽寿司さんで本州の旅行者の方に聞くと、今では回転寿司が主流になっているようで特に子供は本来の寿司屋を知らず、寿司職人が握る寿司を見たことがないと聞きました。本州は高級な寿司屋しかないのかは分かりませんが、ここ北海道の道東やオホーツク地域の寿司屋は昔と変わらず寿司を握ってくれます。寿司職人がネタ、シャリを握る技はいい勉強になるのかな?と思います。川湯温泉はオホーツク海と太平洋の中心に位置し両方のネタが楽しめます。もちろん旬のネタを一貫一貫握ってくれます。「安すぎる!本州では食べられない!」とよく旅行者から聞きます。管理者、味楽寿司さんで旅行者と話をするのが大好きです。ジャガイモ畑の白い花を聞かれました。道東の旅行情報は味楽寿司さんで。オホーツクは管理者へ(年1回)。十勝や富良野は流石に詳しくはないです。何せ離れていますから。ちなみに、この海鮮丼(昔の写真)で2,000円です。並、中、特、特上、おまかせ寿司、天ぷら、ホッケの開きもあります。あ、宣伝費貰って来ないと・・・貰えないナ!翌日帰りに近くの摩周湖の水が沸く「神の子池」の写真撮ってきます。天気が良いといいんですが。後、裏摩周展望台も。ここの2ヶ所おススメしますよ!神の子池は本当に綺麗です!

チューリップ公園満開 湧別町上湧別
2019.05.21

昨日の大空町東藻琴のシバザクラ公園同様、湧別町のチューリップも満開を迎えました。オホーツク地域は、4月末あたりから水芭蕉、5月連休頃にはにエゾヤマザクラやチシマザクラが満開を迎え、桜が終わる5月中旬にはシバザクラやチューリップが咲きます。満開が終わる6月上旬頃から、北見市常呂町のワッカ原生花園、小清水町の小清水原生花園の野草が咲きだします。7月、夏の野菜ジャガイモの白い花、麦畑(花?)など。秋には網走のサンゴ草(花?)。オホーツク地域は春から秋にかけ花が咲き誇ります。管理者、夏のジャガイモ畑の花が結構好きです。

- CafeLog -