オホーツクの四季 2014年1月 冬

2014年1月 冬
2014/1/1  「常呂カーリングの軌跡」
 昨日の大晦日に地元紙の記事を読んでいると北見市常呂町のカーリングの歴史が書いてありました。北海道はカナダとの姉妹交流の一環で日本からは柔道、カナダからは北海道へカーリングの交流が始まったそうです。昭和55年1月に十勝の池田町でカーリング講習会がきっかけだそうです。その時、常呂町の町民3人が参加し「冬の北海道に新しいスポーツを普及させよう」と「常呂カーリング協会」が誕生したそうです。当時は手探り状態でスタートし、屋外に氷を張りストーンは無いのでミニビール樽を代用し、ブルームの代わりに竹ぼうきを使ったいたそうです。その後「カーリング競技」の開催が決まり昭和63年1月に5シートの国内初の屋内専用競技場「常呂町カーリングホール」が完成。その後の冬期オリンピックの選手として常呂町から多くの選手を輩出。そして昨年11月に「新カーリングホール」が完成。昨年、ソチオリンピックの女子予選大会で出場を決めた札幌銀行の選手も常呂町出身者。いつの間にか北見市常呂町はカーリングのオリンピック選手輩出の地になってしまいました。男子も頑張れよ!冬の北海道旅行、特に流氷観光は寒いので冬の服装を参考に。
【ロコ・ソラーレ】オホーツクール アンバサダー就任記者発表会

オホーツクール公式サイト

常呂町に実在した女子高生カーリング映画『シムソンズ』
2006年製作
オール常呂町ロケ。映画撮影時の旧常呂カーリングホールやサロマ湖、サロマ湖展望台、佐呂間町キムアネップ岬、北見駅、旧国鉄湧網線常呂駅(現バスターミナル)の広場、丘陵地帯、秋の常呂町の田園風景、オホーツク海沿いの畑作地帯などが映し出されています。
映画の撮影に使われた喫茶店『カフェしゃべりたい』はこちら!
動画:シネマトゥデイ
LS北見「ロコ・ソラーレ北見」オフィシャルサイト
オホーツクの四季バックナンバー
・2018年春(4月5月6月
・2018年冬(1月2月3月
・2017年秋(10月11月12月
・2017年夏(7月8月9月
・2017年春(4月5月6月
・2017年冬(1月2月3月
・2016年秋(10月11月12月
・2016年夏(7月8月9月
・2016年春(4月5月6月
・2016年冬(1月2月3月
・2015年秋(10月11月12月
・2015年夏(7月8月9月
・2015年春(6月
・2015年冬(3月
・2014年冬(1月2月、3月)
・2013年秋(10月11月12月
・2013年夏(7月8月9月
・2013年春(4月5月6月
・2013年冬(1月2月3月
Top
北の通販

2017年8月8日。阿寒国立公園から阿寒摩周国立公園に名称が変更され、
同時に神の子池の四季が編入されました。ご旅行の際、以下のサイトを参考にして見て下さい。
神の子池の四季 阿寒オンネトーの四季 阿寒湖の四季 摩周屈斜路湖の四季
硫黄山の麓「川湯温泉」 秘境知床の四季 サロマ湖の四季 オホーツクドットコム

(C) Copyright 2000-2018 ohotuku-mail.com .All rights reserved.
写真撮影、制作、著作、運営管理 オホーツクの四季